北海道の歳時記 春の歳時記

エゾタンポポ

北海道在来種エゾタンポポとセイヨウタンポポの違いは、花を横から見てガク(総苞片)が上までぴったりついているのがエゾタンポポ、反り返っているのがセイヨウタンポポです。
アイヌ語のタンポポの呼び名は「エピッチェキナ(禿げ草)」「エピッチェノンノ(禿げ花)」「ホノイノエツプ(尻をよじる者)」「ルチャウシアパッポ(道ばたにたくさんある花)」などたくさんあります。エピッチェキナ=禿げ草とは綿毛を吹き飛ばしたあとの姿から。ホノイノエツプ=尻をよじる者はタンポポの茎を割いて濡らすとくるくる巻いていくことから。子供がタンポポで遊びながら付けた名前でしょうか。
タンポポは葉や茎を茹でて食したり、煎じた根は胃腸の薬にもなるそうです。

記事下




記事下




-北海道の歳時記, 春の歳時記

関連素材

フデリンドウ

5月の下旬ごろ春の青空を映したような愛らしいフデリンドウの花が咲きます。背が低く目立たないので見つけると嬉しくなります。フデリンドウは明るい林の中や少し乾燥した草地などにポツポツと生えます。栽培は難し …

ノコギリソウ

夏になると野山のあちこちで咲き出すノコギリソウ。日当たりの良い野原や山道でよく目にします。 ノコギリソウの名はたくさん切れ込みのある葉っぱが鋸に似ていることから。痛み止めや傷薬などとして古くから世界中 …

エンレイソウ

エンレイソウにはミヤマノエンレイソウ、オオバナノエンレイソウ、エンレイソウなど数種類があり、すべてが北海道に自生しています。写真はオオバナノエンレイソウ(別名シロハナエンレイソウ)。初夏の林の底を白く …

福寿草

福寿草はアイヌ語で「クナウ」「チライアパッポ」「チライキナ」などと呼びます。 花の名の由来は、美しい霧の女神クナウが花に変えられた姿だとか。またチライキナは”イトウの草”という意味で、魚のイトウが遡っ …

ザゼンソウ

ザゼンソウはミズバショウと同じサトイモ科の植物。花の形を座禅を組んだ達磨大師に見立てたことから、座禅草や達磨草の名があります。春先に雪解けの水が流れる明るい湿地などで見かけますが、枯れ草と紛れやすい色 …